不動産投資で資産形成しながら節税をしよう

ビギナー必見!不動産投資が節税対策になるしくみ

>

相続税こそ不動産投資で大幅に節税

不動産相続は高額な税金がかかる恐れあり

相続税は故人の遺産を相続や遺言によって受け継ぐ際の税金で、遺産総額が規定の金額を超えた場合にのみ発生します。

相続税の課税対象となるのは不動産や各種金融財産などで、それらの総評価額から借入金や葬儀費用などを差し引いて遺産総額を算出します。特に不動産はすぐに現金化できるものではないので、もしも遺産が不動産のみでしかも評価額が規定金額を超えてしまうと、相続人が自分でお金を用意しなければなりません。それができないほど高額な相続税となると、相続税を支払うために泣く泣く相続した不動産を売ったり銀行から借りたりせざるを得ないパターンも出てきます。

相続税は税金のなかでもとりわけ負担が大きくなりますので、いざというときに備えて心の準備をしておくのが望ましいです。

不動産投資の控除で相続税を抑える

相続税が発生すると高額なだけに非常に厄介な不動産ですが、不動産投資によって相続税の節税が可能となり、最近その方法が注目されています。

建物の評価額は市町村で決められた固定資産税評価額を用いますが、概して建築費用の6割程度ですむうえに賃貸ならさらに控除されますので節税につながります。土地の場合は市街地に適用する路線価方式では地価公示価格の8割ほどで、その土地の建物が賃貸なら評価額を6割まで引き下げられます。市街地以外の適用する倍率方式なら、地価公示価格の7割が一般的な評価額です。

不動産相続は評価額が現金相続よりも低くなりますし、不動産投資をすればさらに控除が加わって課税対象金額が抑えられますので、節税対策にはまさしくうってつけです。


この記事をシェアする
TO_TOP